ハロと

How to play the MOJA もじゃの遊び方…実わほとんど遊んでません

🐰🎃おぬしはにだいめのもじゃだな

初代もじゃはほぼ放置でハロはもじゃで遊ぶことがほとんどなかったです フェンスに立てかけても床においてもハロに被せてもほとんど遊ぶことなく朽ちていきました ふれあい広場分割後二代目となるもじゃを投入しました ハロもユニも一生懸命遊ぶことなくときどき食べるだけです

🐰🎃ん?もしかしてはろみられてる?

珍しくもじゃに近づくので観察です このもじゃとフェンスの向こうにはユニいます そちらを見てるのかこちらを気にしてるのかもじゃ食べるの休止です

🐰🎃やっぱりみてるきがしる…

静止してこちらを観察してます 人目を気にするときもあります きっとそれは心に余裕あるときですね 余裕ないときは周囲気にせずほりほりしたり走り回ったりガジガジしたり…最近では我を忘れすぎて粗相したりしてます

🐰🎃やっぱりみはってるな!おせわがかりのくせに!

もじゃに近づくの珍しかったしもじゃで遊ぶのほとんど見たときないしもっと観察したかったけどハロはそれをお認めになりませんでした

専門店の謳い文句やうさ飼いさんたちのSNS見てるともじゃはうさぎさんにとってかなり楽しめるものとなってますがハロはそうはなりませんでした この辺りは個性なんでしょうね 他で例えるとハロはボール大好きで毎日遊んでますがボールは見向きもしないうさぎさんもいるし…お渡ししても目の前でアピールしてもうさぎさんによって使うものが違いますね

非常に奥深いです あ…でも一つだけ?全うさぎさんたちに共通があって…それは『おいしいもの』に弱いてところですね どんなうさぎさんでも自分のテリトリーの中で自分の好きな食べ物を見たら確実に飛びつくところでしょう

んー…よく見ると食べてないかも… こういう場面をまれに見るけど減らないんですよね… 齧り取ってバラバラにして終わり的な… 一時期マイブームだった彫刻的な作業みたい

いつからか覚えてないです いつの間にか彫刻のマイブームが去って木の小屋は削られなくなりました ある程度の傷はあるけどそれ以上増えたりはないです そこ考えるとユニは全く小屋やスロープをガジガジしないので綺麗なまま使われてます

うさぎさんがふたりいるといろいろと違いがあって面白いです ユニお迎え当初はハロで成功したことをそのままコピーしようと思ってましたけどこれだけ性格や行動、活動内容が違うとこの先もいろいろと考えないとならないことがたくさん出てきそうです そして仮に3人目のうさぎさん、4人目のうさぎさんをお迎えするとなるとそれぞれの個性があってその度に楽しんだり苦労したりするのかな 未来が楽しみです

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ

🐰

🐰

🐰

ブログランキングに参加してます お時間ある方はサイドバー上のバナー🖱クリックで順位を見ていってください 応援とかポイントにもなりますのでよろしくですm(.  .)m 今回も読んでくださってありがとうございます😊

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。