ハロと

夏を待たずに一足お先にすいか祭です うさぎさんとすいか…あんまりお似合い違いますね

🐰これはおいしいあじのするものだ!

いただきものです 落として割れちゃったから売り物にならないだよと言いながら持ってきてくれました 確かにお店には出せない形状になってます とりあえずいつものところで撮りました ハロは以前にも食べたことあるのですいかの味をご存知です 甘くて水分たくさんでしゃりしゃりおいしいものと認識してます 身をいっぱいに乗り出して確認してますね

⬆︎初めてすいかとご対面したときの記事です⬆︎

🐰はろとどかないよ!

思い切り顔を柵に押し付けてます 最短距離で近づこうとするハロに回り道とかの考えはできません

🐰それ…はろのなんでしょ…

しばらくは膠着状態でした サークル出入口が閉まってることもあって目の前のすいかにたどり着くことできません そもそもすいかをお渡ししてもたくさん食べるとよろしくないです

基本的に野生のうさぎさんたちはすいかを食べるチャンスがほとんどなくこういう甘くて水分の多いものを食べること自体が少ないのでうさぎさんの体はそれらを食べてもいいようにはできてないようです それでも少量であればこれといった弊害はあまりないと言われてます あまりないとは…少しはあるてことですね 最初に思い浮かぶのが水分が多いことです 食べた量によってそれなりの水分がお腹に入るので…お腹壊しちゃいますね あと冷えすぎもよくないです

次に思いつくのが糖分です 当分の過剰摂取は当然いろいろよくないことにつながります 例えば肥満とか例えば虫歯とか… 少しくらいならと思ってお渡ししてますけどそもそもうさぎさんは糖分をたくさん摂る環境での進化ではないのでそういうふうに体ができてません 私たちが少しと思ってる量でもうさぎさんたちにはかなりの量と思ってます なのでほんのちょっとでいいかと

🐰ああなつかしやこのあまさ…

ふだん口にしない美味なのでここぞとばかりに一生懸命な実食です 何度も言いますけどうさぎさんにすいかは必要かどうかで判断すると不要なものなので一切食べなくても全く問題ないです てことで健康面のみを考えるとお渡ししなくてもいいものです ただ、毛球症とか腸閉塞的な消化器系の疾患出ない場合で、体力落ちて食べ物飲み物が口にできない場合には多少はお渡ししてもいいのかと考えてます 現在のハロは体力も体重も食欲もあるので食べる必要ないけどお楽しみの部分で今回はお渡ししました うさ飼いさんたちの中では食べさせちゃダメと考えてる方もいらっしゃるかと…それも正解ですね

🐰はろのすいかさん💕

世の中にはQOLていう言葉がよくつかわれてます 生活の質て意味なんですけど…健康や長生きは非常に良いことです ただ、身体の健康を保つために好きなものを一切断つとか長生きすることが目標で本来の生き方を変えてしまうとかはナシと私は考えてます 多少不健康なことでも心を満たすためにはちょっとならいいかなて考えもあると思います 例えば…スイーツは生きるために健康のためには全く必要ないかと思いますがときどきはそういうおいしいもの食べて楽しんでもいいかなとか食べ過ぎ飲み過ぎは良くないと知っておきながらストレス解消でお腹いっぱいまで食べて飲んでなんてことして次の日からまたがんばるてこともアリかと思います

同様にうさぎさんたちも健康に大きな害がないのであればすいかに限らずおいしいもの食べてもいいかななんて…

で、大事なのは食べた後のことです その後の体調はもちろん食事や水分の摂取量、排泄物の性状や量などをよくよく観察して異変があれば更なる注意をするとか最悪病院受診とかも念頭においておかないとです この場合はどれだけすいかを食べたらどうなったとかいう観察が必要でうさぎさんの個体にもよりますが食べて大丈夫だった量も覚えておくと次にお渡しするときに安心してお渡しできますね

ハロの場合は画像のサイズの一切れを8割くらい食べました

🐰もっとだー!!

もっと大きな一切れがあればもっと食べたかと思います 画像の量でも多いかなと思ってお渡ししました

🐰これはろの!

回収しようとすると吠えて飛びついて抵抗します すいか自体シーズン中に数回お渡しする程度なので問題とするほどのことにはならないと考えてます それでも食べた後の観察はいつも以上に気を配ります

食べる必要なく体にも決して良くはない食べ物なので…いくらおいしいものとしてもお渡しした以上は体調崩さないように、不調になったら即対応できるようにですね

あくまでもお楽しみなだけなので…うさぎさんのすいかの食べ過ぎはご注意です

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。